月別アーカイブ: 2016年12月

ガムが売れないのは意外な理由だった?

最近ガムの売れ行きが悪いようなんです。

自分は毎日タブレット式のガムを食べているんですが、社会一般的にはガムって昔より売れてないようなんですよね。なんで?って思いませんか?自分はガムはよく買うのでピンときませんがそうなんだって。

それでその理由がスマホじゃないかって言われています。

ガムを噛むという一番の理由は暇な時間ができた時なんだって。暇になるとガムを噛みたくなるというのが人間の心理。

ということは、暇な時間が無くなった?ということはどういうことか。

人と待ち合わせたり、電車を待っている間の暇な時間に現代人はスマホをいじります。前はボーっと景色を眺めたり、人間ウォッチングしたり、雑誌を読んだり、本読んだり、新聞読んだり、おしゃべりしていたあの時間がすべてスマホに変わってしまっているということ(-_-;)

面白いのは彼氏と彼女が一緒に電車を待っていてもお互いに下を向いてスマホをいじっている光景をよく見ます。なんで会話しないの?スマホのほうが大事?って思っています。

このままではガムが売れないどころか、会話力が衰えてくるでしょうね。人とコミュニケーションをとるのが苦手な人間が増えてくる・・・

これってすごい怖いことだし寂しいことですよね。スマホなんて見るのやめて会話しましょうよ。

 

クリスマスプレゼントで思い出した懐かしいころの時代。

すでに亡くなっている祖母が駅前で小さな瀬戸物屋を営んでいました。
お店は小さいかったですが駅の改札口の階段の正面にあったのでお客さんは多かったです。高校生の頃に暇なときは祖母の仕事を一緒に手伝うこともあり、クリスマスの日もお店にでていました。
そこに高校の化学の先生があらわれましたが、顔をあわすのが恥ずかしかったので見えないところで様子を見ていました。
お茶椀と箸を買いにきていてみたいで、祖母によさそうなものを尋ねていました。
その先生は中年の女性でいつも授業が厳しくて化学が嫌いなこともあり避けていました。
祖母と話をしているときに盗み聞きしていると、普段忙しくて家族のために買いに来たと温和な感じで話をしていました。
クリスマスなので気分を変えてみたいとニコニコしていたのが意外な感じでした。
祖母が選んだものはお揃いの絵柄で気に入ったみたいでしたので、我慢できなくなって先生の前にでて挨拶しました。
先生は驚いた表情でしたが、店の手伝いをしていると話すとへえーといった顔をしていました。
その後は相変わらず化学は嫌いでしたが、先生自身は嫌いではなくなりみんなが知らないことを知っているのでにやにやしていました(-.-)
そんなことをこの前クリスマスプレゼント 彼氏 財布を選んでいるときに、ふと思い出してなんか祖母のことも、そして実家のことを思い出してなぜだか寂しくなってました。しばらく実家にも帰ってないし、クリスマスが終わったら顔を出してみようかなと思いました。